ダメ夫のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS イメージする者の勝利

<<   作成日時 : 2006/03/21 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

王ジャパンが世界の頂点に!! WBC決勝で強豪キューバ下す

国および地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の決勝戦に進出した日本代表は20日、カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークでキューバと対戦。過去3度の五輪金メダルを誇る強豪を10対6で破り、記念すべき第1回大会で見事王座に輝いた。

 この試合、初回に1死満塁のチャンスをつかんだ日本は、多村仁左翼手(横浜ベイスターズ)が押し出し死球を受けて先制すると、さらに小笠原道大一塁手(北海道日本ハムファイターズ)の四球と今江敏晃三塁手(千葉ロッテマリーンズ)の2点適時打で、4対0とリード。その裏、先発の松坂大輔投手(西武ライオンズ)がソロ本塁打で1点を失うが、5回には多村のタイムリー内野安打と小笠原の犠牲フライで、その差を5点に広げた。

 これに対してキューバは6回裏、川崎宗則遊撃手(福岡ソフトバンクホークス)の失策を足がかりに2番手の渡辺俊介投手(千葉ロッテ)をとらえ、1死一、二塁から連続長短打で2点を返して反撃を開始。8回にはフレデリック・セペダ左翼手が3番手藤田宗一投手(千葉ロッテ)から2ランを放ち、その差わずか1点と迫った。

 しかし日本は9回表、1死一、二塁からイチロー右翼手(シアトル・マリナーズ)のライト前ヒットで貴重な追加点を挙げると、次打者の敬遠で満塁となったところで代打の福留孝介(中日ドラゴンズ)が2点タイムリー。四球を挟んで、小笠原にはこの日2本目の犠飛が飛び出し、10対6と勝負を決定付けた。

 最後は8回途中から登板していた大塚晶則投手(テキサス・レンジャーズ)が1点を許しながらも、2死から3番のユリエスキー・グリエル二塁手を空振り三振に仕留めてゲームセット。予選2次リーグは1勝2敗と苦しみながら、準決勝で韓国、決勝でキューバをそれぞれ破って世界の頂点に立ったナインは、歓喜の輪の中で王貞治監督を胴上げした。なお、大会MVPには松坂が選ばれている。


http://inews.sports.msn.co.jp/major/wbc/news/20060321-135.html より引用


いよいよ迎えた今日のWBC決勝、日本VSキューバ戦。
準決勝の韓国戦の息の詰まるような展開とはまた違った雰囲気での観戦。
序盤から終始リードしたこともあったでしょうが、私自身はこの日を迎える前からあるイメージを描いていました。

日本が準決勝に進む事ができたとしたら日本は優勝する

それだけをひたすらイメージして今日の観戦に臨みました。

イチローも決勝戦の前に

世界一をイメージしてオフから準備してきた。すべてはこの日のためにある。もう1試合、自分のすべてを表現したい


http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060319&a=20060319-00000067-mai-spo
より引用

と言い、優勝決定後のコメントでは

最高です。信じられない。ありがとう! 正直言って、こんなところに来られるとは具体的にイメージしてなかった。みんなすごい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060321-00000010-spnavi-spo より引用

と言っていました。

日本でもオリックス時代に日本一になり、今またWBCで世界一になったイチロー。
今度イメージするとしたらマリナーズでのワールドシリーズ優勝かな
なんて勝手に思っていたら
試合後のインタビューで次の目標はと聞かれて、やや考えた後マリナーズで優勝する事と答えたあたり、イチローはすごいなと思いました。

前向きな気持ちで、イメージするという事、そしてそれを実現するために努力する事、諦めない事。

WBCを通して、そういう事を改めて気づかされた気がします。

試合全体を通しての感想は、何となく勝てるというムードの中にも守備のミスからの失点があったり、キューバの粘り強い攻撃で1点差まで追い詰められたりと最後までハラハラしていました。
優勝決定の後の王監督やイチローの笑顔、選手ひとりひとりの歓喜する姿をイメージし、また現実にその姿を見ることができた時、しみじみとした感動が沸き起こってきました。
サンディエゴで「あと一球」コールが聞けるとは思ってなかったのでそれも少し印象に残りました。

WBC日本代表のみなさん、感動をありがとう。本当にお疲れさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
王JAPANが苦闘の末、初代世界チャンピオン
勝つ事の難しさも教えてくれた。 チャンピオンになる事をイメージして頑張ってきた王ジャパン。 世界のホームラン王から、世界チャンピオンチームの監督になった。 王監督の涙を見た時、一気に胸にこみ上げてきた。 王監督は、いつも長嶋茂雄氏との比較をされていた。 「陽の.. ...続きを見る
日本の常識・非常識
2006/03/21 19:01
感動感涙、凄すぎ世界一、完全無敵の強烈勝利だぁーーー!!
うおおおおおおーーーー日本代表、ほんとにすげぇー!! ...続きを見る
勝利てぃBlog-猛神化打
2006/03/22 02:26
感動感涙、凄すぎ世界一、完全無敵の強烈勝利だぁーーー!!
うおおおおおおーーーー日本代表、ほんとにすげぇー!! ...続きを見る
勝利にっき猛神化打
2006/04/02 18:30
感動感涙、凄すぎ世界一、完全無敵の強烈勝利だぁーーー!!
うおおおおおおーーーー日本代表、ほんとにすげぇー!! ...続きを見る
勝利にっき猛神化打
2006/04/02 18:36
感動感涙、凄すぎ世界一、完全無敵の強烈勝利だぁーーー!!
うおおおおおおーーーー日本代表、ほんとにすげぇー!! ...続きを見る
勝利にっき猛神化打
2006/04/02 18:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イメージする者の勝利 ダメ夫のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる